第2次世界大戦中の日本潜水艦と米駆逐艦の壮絶な攻防戦と人間の絆を描くサスペンス大作映画「真夏のオリオン」(篠原哲雄監督、来年公開)にCHEMISTRYの堂珍嘉邦(29)さんが潜水艦長役で俳優挑戦するそうです。

 玉木宏(28)さんが主人公の潜水艦長を演じ、その親友役に抜てきされました。

 堂珍さんは、「聴衆に向かって心の声を届けてきた力を発揮してほしい」と依頼を受け、「音楽と違う新たな環境でクリエーティブなもの作りをやれることが最大の幸せ。新たな自分を発見できるのではと思っています。まずは楽しんでやります」とコメントしています。

 第2次世界大戦の末期に沖縄南東海域で上陸を目指す米海軍の補給路を断つため米駆逐艦に戦いを挑む潜水艦の乗員たちの姿を描く映画で、玉木さんが演じる海軍少佐は潜水艦イ−77艦長潜水艦で、堂珍さんはイ−81艦長として作戦をともにする海軍少佐役です。

 映画「真夏のオリオン」に関する情報は少ないですが、今からとても楽しみです。

 以前、駆逐艦と潜水艦の攻防を映画で観ましたが、駆逐艦の爆雷射程内に回り込まれ、潜水艦の付近で爆雷が爆発するときの恐怖は言葉では表わせないくらいでした。 
 戦争は二度と起こしてはいけないことを胸に刻み直す意味でも必見ですね。

 もちろん、北川景子さんの一人二役も早く観たいですね。

 堂珍さんのその音楽センスは演技力に通じるものがあると思うので、きっとすばらしい脇役として映画を盛り立ててくれることでしょうね。ranking

【CHEMISTRY  Gospellers ミモザ】

 

 

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします。
トップページへ