北川景子さんは現在『死刑台のエレベーター』という映画を撮っているそうですが、北川景子さんのブログを読むと結構、気軽に現場撮影に臨んでいるようですね。

 監督やスタッフが良くなければこうはいきませんね。

 北川景子さん自身でも、『最近は慣れなのか、昔ほど人見知りするような年齢でもなくなってきたからか、新しい現場にもさほど緊張しなくなってきました。純粋に現場を楽しめているみたいです。』っておっしゃっています。

 また、年齢と共に「理屈っぽく考えたり、ネガティブに悩んだりしなくなりました。」ともおっしゃっています。

 思春期真っ盛りの17歳で芸能界に入り、大人の中で一生懸命、萎縮しないように頑張ってきたんですね。

 北川景子さんは最後に「大抵のことは時間が解決してくれるんだなぁ・・・」とおっしゃっていますが、たしかにそのとおりですね。

 ただ、真剣に悩みに悩んだ時期があるからこそ、現在の自分があると思います。

 年とともにいろいろ吹っ切れる部分がでてきますね。

 北川景子さんは現在仕事が充実していますから、光り輝く未来を見つめて楽しんで生活してください。ranking

 北川景子さんの現在の心境は『いまの私はすごく自由で、何にだってなれるし、何だってできるような気持ちです。一回しかない人生、楽しむべし!』だそうです。

 北川景子さんのブログ⇒i'm free to be whatever i [日記] 2009.10.05 (Mon)

 映画『死刑台のエレベーター』紹介記事⇒北川景子 新作映画 『死刑台のエレベーター』 出演

 oasisのwhateverという曲の歌詞が今の景子さんの気分にピッタリだそうなので、下の掲載しておきますね。

「whatever」 oasis LIVE 和訳付き with Lyrics


人気ブログランキングへ応援クリックお願いします人気ブログランキング